2001年慶應連合三田会大会終了御礼

絶好の快晴。つぎつぎに入場する塾員・家族の列。

韓国・英国・豪州・シンガポールなどの海外三田会および全国各地三田会からの積極的参加。

豊富なイベントに彩られたプログラムの展開。

21世紀最初の連合三田会大会は、終日楽しく意義深い社中交流の場となった。

午前の式典には、安西祐一郎塾長・常任理事・学部長とともに、石川忠雄元塾長、鳥居泰彦前塾長も登壇着席され、会場からの拍手を浴びておられた。

午後のプログラムが進行するうちに、六大学野球秋季リーグ、慶立2回戦のニュースが刻々入ってきた。

そして午後2時までには「6対1、2季ぶり30回目の優勝!」の朗報が飛び込み、会場の空気は一層盛り上がった。

呼び物の抽選も興奮のなかに無事終了。

「独立自尊新世紀」の大会もフィナーレとなった。

慶 應 連 合 三 田 会
会 長 服 部 禮 次 郎